2012年12月11日火曜日

宅建に合格しました!

こんにちは!
いよいよ今年も残すところ、あと僅かですね。


私の今年1年を振り返ってみると、本当に節目の一年になったなと思います。
私のような人間でも結婚ができ、また、希望通り転職もでき・・・
今日現在の気持ちとしてはパーフェクトイヤーです!
将来、後悔したくないので、とにかく早く仕事を軌道に乗せたいと思っております。


さて、先日、宅建に合格しました!
宅建の場合、正答・合格点が試験日から1か月強後に発表されます。
今まで受けてきた試験は当日中に正答が出て、合格点も○○%以上など決まっているものが多かった(つまり、当日中には自分が受かったか落ちたかの判断ができた)ので、宅建の合格発表までの1か月強はとても長く感じました。
各予備校の予想コメントや、合格点を予想する掲示板・ブログを覗く等、この1か月は楽しめた上に、無事合格できて良かったです。


これまでは主にファイナンサーとして不動産と関わってきましたが、これからは相続対策・資産運用として不動産と関わっていきます。
基礎的な事ですが、不動産のもつ相続財産評価圧縮効果にはビックリしました。
先日拝見した東京の物件は、購入金額131百万円の賃貸マンションが、購入後3年経てば相続財産評価では30百万円となる計算でした。なんと101百万円(77%)評価減です。
その上、駅徒歩2分、H23年築・・・本当にビックリしました。


入社して3ヶ月が経ちましたが、このような「知る喜び」を数多く体験させて頂いております。
自分が得た知識をお客様にアウトプットして感動して頂く・・・
早く1人前にできるようになって活躍したいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

会社を買うときは事業譲渡で

皆様こんばんは。 今日はM&Aのスキームについてです。 中小企業のM&Aは「株式譲渡スキーム」が採用されるケースが9割近いのが実情です。 これは、「株式譲渡スキーム」を採用するメリットである「手続きの簡易性」「売主の税メリット」が主な要因かと思いま...