2017年3月8日水曜日

改正FIT法への対応について

こんばんは。
WBC、いよいよ始まりましたね。
色々と不安の声もありましたが、本日、無事キューバを破り初戦突破です!
優勝目指して頑張って欲しいですね。
野球ファンとしては楽しみな日々になります!
 
さて、話は変わりますが、最近、太陽光投資を行われた方のお手元に経済産業省から改正FIT法への対応についてご案内のハガキが届いているかと存じます。
 
その内容は、太陽光発電(全量売電)を行われている方は、改正FIT法への対応として事業計画を提出して下さいというものです。
2017/9/30までが提出期限になっております。
既に事業を開始しているものに対し、事業計画を作成してくださいというのは、いささかナンセンスのように思いますし、何よりも面倒に思う方が多いのではないでしょうか。
 
私もお客様から、どうすれば良いのか?とご質問を頂くことが多いです。
回答としては、今すぐにできることは無いです。
先日、経済産業省主催の説明会に参加しましたが、3月中旬以降、HPにて詳細を発表するとのことで、現状は身動きが取れません。
最終的には、WEB上でチェックボックスにマークをしていく形で、簡単に事業計画が作成できるようにするなど、できる限り事業者に負担をかけない方法を検討しているとのことでした。
 
詳細が決まりましたら、ご案内をさせて頂きたいと考えております。
よろしくお願い致します!
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

会社を買うときは事業譲渡で

皆様こんばんは。 今日はM&Aのスキームについてです。 中小企業のM&Aは「株式譲渡スキーム」が採用されるケースが9割近いのが実情です。 これは、「株式譲渡スキーム」を採用するメリットである「手続きの簡易性」「売主の税メリット」が主な要因かと思いま...